小濱介護経営事務所は、介護事業に於ける経営の総合研究業務と介護経営のコンプライアンス支援を中心とした総合コンサルティングを全国で提供しています。

ご 挨 拶

私どもが、介護事業者様にご提供出来るもの。それは「安心」です。 平成12年に介護保険制度が始まり、平成27年度までの介護事業者の指定の取り消し、業務停止などの効力停止処分を含めると1,941件に及びます。これは介護事業者が気軽に相談できる専門家が身近に居ないことが一番大きな理由です。介護事業経営者が独自にコンプライアンス対策を取ろうとしても、年々複雑化する介護保険制度の中では如何ともしがたい現実に直面するでしょう。また近年はサービス付高齢者向け住宅に代表される高齢者住宅併設型の介護事業所への指導強化が行われ、より一層のコンプライアンスが求められています。介護経営でのコンプライアンス対策でのお悩み事やご相談は、どのようなことでもお気軽にお問い合わせください。全国対応で個別支援を実施しております。

小濱介護経営事務所 代表 小濱道博


代表 小 濱 道 博  
Michihiro Kohama

小濱介護経営事務所 代表
C-MAS介護事業経営研究会 最高顧問
 
C-SR一般社団法人医療介護経営研究会 専務理事
NKK一般社団法人日本介護経営研究協会 専務理事

昭和33年8月 札幌市生まれ。北海学園大学卒業後、札幌市内の会計事務所に17年勤務。2000年に退職後、介護事業コンサルティングを手がけ、全国での介護事業経営セミナーの開催実績は、北海道から沖縄まで平成29年は297件。延30000人以上の介護業者を動員。全国各地の自治体の介護保険課、各協会、介護労働安定センター、社会福祉協議会主催等での講師実績も多数。「日経ヘルスケア」「月刊シニアビジネスマーケット」「Visionと戦略」「介護の経営と運営」「CBニュース」にて好評連載中。「シルバー産業新聞」「介護ビジョン」ほか介護経営専門誌などへの寄稿多数。ソリマチ「会計王・介護事業所スタイル」の監修を担当。

© 小濱介護経営事務所 2017